家族葬は事前に親族への説明を

家族葬は世間一般に浸透して来たものの、まだまだ新しいタイプのお葬式でありその特徴や進め方について知らない人も多いです。そのためお葬式当日に家族葬と聞いた人の中には反対する人がいることもあります。

特に昔の人はお葬式というと盛大に行ったほうがいいもの、たくさんの人が参列したほうがいいもの、というイメージがある人も少なくないです。そのため少人数で規模の小さいお葬式をすることに対して反対する人もいます。そこで、親族については事前に家族葬を希望している場合にはその旨を説明しておくほうが安心です。

事前に話を聞いていると親族としても納得ができますし心の準備ができます。やはり、一般的なお葬式とは違うタイプのお葬式となると参列者も色々と不安になる部分があります。参列者への配慮としても事前に規模が小さくなること、近親者のみで執り行う事は伝えておくことがマナーとも言えます。

親族に事前に家族葬であることを伝えておけば、遠方にいる親族に対してはお葬式に無理に駆けつける必要はないと伝えることができますし、お葬式に参列しなくても後日お別れを言いにお線香だけあげてくれればいいということが顔をあわせて確認することができるという点も大切です。亡くなってからお葬式は遠いから来なくていい、と言われてもやはり本当に参列しなくていいのか不安になってしまうものです。きちんと本人から規模を小さくしたいこと、皆への負担をかけたくないことからお葬式は無理して参列しなくていいと言われると気持ちも軽くなり、それに従いやすくなります。