家族葬は誰を呼ぶかが大切

家族葬でトラブルになるのが誰を呼ぶかということです。家族のみ、というイメージが取られますが、やはり家族以外にも最後にお別れをしたいという人はいます。そのため、家族と近しい友人のみでお葬式を行うというのが一般的な参列者の決め方となっています。

ただ、近しい人というのはとても線引きが難しいです。そのため、参列できなかった人の中には「あの人は呼ばれたのになぜ私は呼ばれないのか」という気持ちを持たれてしまう可能性があります。また、故人が生前に誰と付き合いが深かったのかということをきちんと知らなかった場合には故人の意思と合っていない人を呼んでしまう可能性があります。

最近では家族葬といっても親族も遠縁の人は呼ばないと言う人もおり、誰を呼ぶかは人それぞれです。ただ、誰を呼ぶかどうかということはトラブルにならないようきちんとその旨を伝えることが大切になってきます。せっかくゆっくりと皆がお別れの時間を取れるように家族葬にするのに、参列したいという問い合わせが続いてしまうと思うようにお別れの時間が作れなくなってしまいます。

そこで、家族葬をする際には誰を呼ぶか、そしてどうやって声をかけるかが大切になって来ます。トラブルにならないよう、相手に不快な思いをさせない伝え方をすること、そして参列できない人についてはきちんと後日お別れのための時間を取るようにすることを忘れないようにしましょう。せっかく最後のお別れをしたい、気持ちを伝えたいと言う人への配慮はとても大切です。