家族葬で起きやすいトラブル

家族葬もメリットばかりではありません。やはりトラブルが起こることもあるので注意が必要です。誰が参列するかどうかということはよく問題になるため多くの人が気にかけますがそれ以外にもトラブルになることがあるので注意をしましょう。

まず、お金の問題です。家族葬はお葬式に参列する人が少ないので少ない予算でお葬式ができるというメリットがあります。しかし、その反面お葬式に参列する人も少ないのでお香典の額が少ないです。そのためお葬式にかかる費用についてはある程度自己負担が必要になることを理解しておく必要があります。

万が一故人の貯金で賄えないという場合にはだれかが負担をしなければならないです。その際、誰がどの程度負担するかでトラブルになることもあるので事前に予算があるという場合には予算の範囲内でできるお葬式にしておく必要があります。

次に多いのがご近所トラブルです。お葬式の際、家族葬にするとご近所の人たちが参列できないことがあります。そうすると中には失礼に感じたり疎外感を感じたりする人がいますから事前にきちんと連絡をしておくことが大切です。

また、ご近所の人たちにお葬式の旨を伝え忘れてしまう人もおり、これは避けるべき問題です。必ず亡くなったらその旨は民生委員や自治会の人への連絡をすること、故人の遺志を尊重して家族葬にするので参列は控えてほしいことを伝えるようにしましょう。もちろん、参列できない人に対しては後日別の形でお別れの時間を設けるようにするとトラブルも起こりにくいです。