広く浸透している家族葬

広く浸透している家族葬 家族葬は新しいお葬式の形として注目されています。家族葬というのは名前のとおり家族のみで執り行うお葬式です。ただ、厳密な定義はありませんから自由度が高いケースでもあります。そのため家族しか参列できないわけではありません。近しい友人を呼ぶこともできますし、故人が亡くなる前に誰を呼んでほしいということを選ぶこともできます。

まだまだ新しいタイプのお葬式だと思われがちですが、全国的にはお葬式の新しい形として浸透しつつあります。とはいえ家族葬の形式には参列したことがないとういう人のほうがほとんどなので、お葬式のイメージがつかないと言う人は多いです。そこで、最近では事前相談会や見学会を開催している葬儀社も増えています。家族葬を行うことには様々なメリットがあります。まずは参列者を少なくすることで最後のお別れの時間をしっかりと取れると言うことです。どうしてもお葬式はたくさんの人が参列すると急ぎ足でのお別れになってしまうことがあります。参列者が少なくなればゆっくりと顔を見てのお別れをしやすくなるのでお葬式に余裕が持てるのです。

次に、遺族の負担を軽減できるという点も大きいです。お葬式の参列者が多くなるとそれだけ沢山の人への心配りが必要になりますし、経費もかかってきます。参列者が少なくなることでお葬式を執り行う負担が軽減されるので、遺族も最期のお別れの時間をしっかりと取りやすくなるのです。最近ではエンディングノートを作成する人も増えています。エンディングノートは自分が亡くなる際に遺された家族が困らないように、そして自分自身が理想とする終わり方ができるように作成するものです。多くの人は遺産相続のことを書くものだと言うイメージをしていますが、それだけではなくお葬式についても残しておくことができます。

亡くなってしまうと本人の意思を確認することができなくなります。そのため遺族もきっとこうするのがいいだろう、という予測のもとでお葬式を進めることになりますが、本当に故人の希望通りにお葬式が執り行えているとは限りません。

そこで、エンディングノートでお葬式についても残しておくことで理想としている最後の迎え方が可能になるのです。お葬式は近親者のみで静かに行いたい、費用をかけず最低限のことをしてもらえればいい、と言う希望を残しておき家族葬をしてもらうという人も増えています。最期は家族のみで、費用をかけずに、負担を少なく、という気持ちを持っている人は家族葬を選ぶ人が多いです。

最新ニュース